オールインワン自動データ集計装置 PRO-iDB

オールインワン自動データ集計装置 PRO-iDB

PRO-iDBが選ばれる理由

企業内にあるデータの現状

企業内のデータは重要なものほどきちんとシステム化、データベース化されていますがそれらの基礎となる「日々発生する細かなデータ」はそうでない傾向にあります。そのため、データの収集・集計は担当者任せになることが多く、時間がかかるだけでなく、データの正確性という面でもリスクをはらんでいます。

日々発生するデータ 例
  • 営業所、店舗ごとの売上データ
  • 製品の検査、分析データ
  • 見積もりや報告書などの書類

当然これらのデータについてもシステム化されるのが一番いいのですが、費用と納期がかかるため現実的ではありませんでした。また、仮にシステム化したとしても利用範囲が広く、環境に変化の多い日常業務の範囲ではきちんと運用するまでにたくさんのルールとトレーニングが必要となります。管理する上でも、データベースやプログラミングの知識が必要でした。

Excelでデータを集計・分析するには

このような背景もあり、Excelが使われるシーンが非常に多くなっています。Excelはファイル単位で管理されるため、多数のファイルが集まります。それらのデータを集計・分析するには、一度同じファイルに全てのデータをとりまとめなければなりません。
しかし、そのために様々な無駄が発生しています。

  • コピー&ペーストは単純作業で生産性が低く、時間ばかりかかる
  • 書類の内容が変わったりすると単純なコピー&ペーストで処理できず人の手で都度修正が必要になる
  • 元の書類と一覧化したデータの二重管理になり、データが正しいかわからなくなる …etc

こうして、実務に携わる方は「システム化はできない」「手作業でも無駄が多い」という板挟みになり、なかなか業務効率を上げられていないのが現状です。

「Excel集計」の3Step

  1. 1:ひとつのファイルにデータを入力:帳票のような物も多いのがExcelの特徴です。
  2. 2:複数のファイルからデータをとりまとめ:先ほどの書類が黄色い一行分になりました。
  3. 3:ピボット化やグラフ化が可能:ここまでに労力がかかる…。

PRO-iDBが選ばれる理由

PRO-iDBは一切のプログラムを使わずにデータベースを作成できる、画期的なソフトウェアです。

Excelのデータをそのまま取り込むことで、ITスキルに依存しない誰でも使えるシステムとしてご利用いただけます。