導入事例

ソニー損害保険株式会社 ファイルサーバーの可視化により容量の無駄を排除 効率的なストレージ運用を実現

国内の通販型自動車保険市場でトップシェアを保持するソニー損害保険株式会社では、増え続ける一方の情報量に対応するために、ファイルサーバーの無駄を最小化して効率的なストレージ運用を目指す取り組みに着手した。そのツールとして同社が選択したのが、ジャストシステムのファイルサーバー可視化システム「GDMS」だった。

  • 導入の背景:ファイルは各部門管理でストレージ容量不足が発生
  • 採用の理由:ファイルサーバーを可視化する唯一無二のソリューション
  • 導入の成果:管理負荷の軽減とともに重複排除で期待以上の効果

導入の背景:ファイルは各部門管理でストレージ容量不足が発生

ソニー損保では、業務で扱う各種ドキュメントの保存場所としてファイルサーバーを活用している。ドキュメントは各ユーザー部門で個別に管理しているため、ストレージ容量が頻繁に不足するという課題があった。ファイルサーバーを管理するシステム企画部の負荷を軽減し、ストレージへの過剰投資を防止するには、ファイルサーバーの運用を効率化する仕組みを導入することが急務だった。