導入事例

 “最強の検索システム”の構築に取り組んだ、KDDI株式会社 精度の高さと運用の容易さからCBESを採用

国内大手通信事業者のKDDIでは、250カ所以上の全拠点で利用する、社内情報共有基盤の整備を進めてきた。それらの情報を横断的に検索するシステムとして、同社はジャストシステムの「ConceptBase Enterprise Search」(以下、CBES)を採用。5,000万以上の社内ドキュメントや、社員情報などを即座に探し出せる検索システムを構築した。

  • 導入の背景:システム個別の検索に限界“最強の検索システム”を導入
  • 採用の理由:高精度で検索できたCBES運用面でも高い評価
  • 導入の成果:業務生産性が大きく向上コスト圧縮にもつながる

導入の背景:システム個別の検索に限界 “最強の検索システム”を導入

KDDIの情報システム本部では、グループ会社・協力会社の社員を含め約3万人が利用する情報共有基盤の整備を2010年度から進めている。その中でファイルサーバー、ポータル、SNSなどシステム単位で行なっていた検索に着目した情報システム本部は「最強の検索システムの構築」という目標の下、全情報をまたいだ検索システムの導入に取り組んだ。

※記載された社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。